BLOG

切文字の貼り方・施工方法について:カルプ切文字

切文字の貼り方・施工方法について:カルプ切文字

切文字取付方法_切文字オンライン

切文字は自分で取付できる?

 

文字やロゴなど、購入した切文字は小さいものであればお客様自身で取り付けることができます。

今回は金属切文字の施工方法の注意点や方法をお伝えいたします。

 

目次

・切文字とは

・カルプ切文字の特徴

・カルプ切文字の取付方法

・まとめ

 

切文字とは

切文字とは、金属板やアクリル板などの素材を文字の形に切り出したものと、文字を立体的に作って看板とする箱文字の2種類があります。
よく使用するものはカルプ・ステンレス・木・アクリル・塩ビシート等です。
切文字オンラインでは屋内向けだけではなく表札や看板に使用できるような野外向けの切文字も制作しております。
用途に応じてお気軽にご相談いただければと思います。

 

カルプ切文字の特徴

カルプ文字は、低発砲ウレタン樹脂に貼り合わせ板を接着したカルプボードを加工する立体切り文字です。
厚みを10mm 〜 52mmとお選び頂けるので存在感ある演出も可能。
立体感抜群ながら、非常に軽量な素材です。 屋内・屋外共に使用可能な耐久性・耐候性があります。
存在感のある看板として非常に人気のある切文字です。

 

切文字オンラインではカルプ文字の表面シート張りも承っております。
側面の塗装あり、なしもお選びいただけます。

カルプ文字_側面塗装:切文字オンライン

表面シートの色は下記からお選びいただけます。画像は参考カラーなので、
DIC・PANTONE・日本塗料工業色でご指定いただければ、よりお客様の好みに合ったカラーを選択いただけます。

色設定:切文字オンライン

 

カルプ切文字の取付方法

 

カルプ切文字の取付方法をご紹介していきます。

 

取付時の注意点です。 

●設置面について

カルプ切文字の接着面は平らになっており、通常は接着剤と両面テープで取り付けます。 このため、設置面が凸凹になっていると接着面が少なくなり、落下の危険性が高まるため不向きです。

切文字オンライン_カルプ文字取付

●取付方法

 

1.設置面に取付原稿を貼る

切文字オンライン_カルプ文字

マスキングテープなどで取付位置に仮留めします。
取付原稿の穴が開いた部分をマジックなどでなぞり、印をつけます。
カルプ切文字は軽く接着剤や両面テープで取り付けができますが、
凸凹の多い場所への設置には適していません。

 

2.裏面に両面テープを貼る

切文字オンライン_カルプ文字

先程用意した両面テープをカルプ文字の裏面に貼ります。
両面テープはカッターナイフで軽く切り取ることもできます。

 

3.接着剤をつける

切文字オンライン_カルプ文字

手順③で両面テープを貼ったカルプ文字の裏面に接着剤をつけます。
※コツは、文字からはみ出ないように接着剤をつけすぎないことです。

 

4.取付開始

切文字オンライン_カルプ文字

手順②で印をつけた場所に文字を乗せていきます。
その後、カルプ切り文字を設置面に圧着させるように押さえます。

5.完成

切文字オンライン_カルプ文字

全ての文字の取付を終えたら完成です!

 

まとめ

切文字はお客様自身で簡単に取付が可能です。ご予算の都合で施工を依頼するのが難しい場合はご自身での取付も検討されてみてはいかがでしょうか。

 

切文字制作なら切文字オンラインにお任せください!
サイトからお見積り・ご注文可能
切文字の施工も承っております。

まずは見積もりフォームからお気軽にご相談くださいませ。

 

カルプ切文字お見積りフォームはこちら