ギャラリービューアに画像をロードする, 金属箱文字
ギャラリービューアに画像をロードする, 金属箱文字
ギャラリービューアに画像をロードする, 金属箱文字

金属箱文字

箱文字は金属の側面を折り曲げて立体感を演出する金属文字(BOX文字、チャンネル文字)です。文字は中が空になっており、立ち上がりの部分も金属になっています。
金属そのものの色合いを活かすパターンに加え、塗装加工も可能です。色指定は日本塗料工業会の色見本ナンバー、DICやPANTONEなどでご指示ください。

Document

金属箱文字商品詳細

サイズ見本

商品の厚み、文字高、文字数についてご確認ください。
切文字オンライン_金属箱文字サイズ

取付方法

注意事項

01設置面について
切文字オンライン_金属箱文字取付
取り付けたい場所が凸凹になっている場合、取り付け自体はできても壁にぴったり設置することができず、アンカーボルトが露出することがあります。
金属箱文字の接着面は平らになっているため、接着する壁が凸凹だと、きれいに取り付けができない為です。
02文字の太さについて
切文字オンライン_金属切文字太さ
チャンネル文字やBOX文字といった箱文字は、立体にするときの溶接の関係で、 文字の太さが最低10mmは必要です。
文字サイズが大きい場合は、そのぶん文字も太くなるのでそれほど心配ありませんが、 文字サイズが小さい場合は、なるべく線の太い書体をお選びください。
03浮かせ付け時の幅
切文字オンライン_金属箱文字書体
書体によっては、「はね」や「はらい」の箇所が細くなっていることがあります。 この場合、その部分の文字幅が10mm以下となってしまうため、作成ができません。
また文字の線がまっすぐでない場合も同様です。
金属箱文字以外でも、立体的な文字には、線の太い書体となめらかな線が最適です。
04ステンレス製の錆について
切文字オンライン_金属箱文字
ステンレスでできた商品は、使用状況によっては腐食してサビてしまうことがあります。
ステンレスは主に鉄でつくられていて、その中にニッケルやクロムを混ぜている合金で、サビにくいですが、サビないわけではありません。 通常ステンレスは、空気中に存在する酵素と、ステンレス内のクロムが結びついてできた、不動態皮膜という膜で覆われることでサビにくくなっています。 しかし、この皮膜が壊れてしまったり、汚れが付いて皮膜がつくられなくなったりすると、そこからサビてしまいます。 このため、腐食によるサビをなるべく防ぐためにも、常にきれいな状態を維持しておくことが大切です。
なお、台風がよく通る地域や、空気中に塩分が多く含まれる海の近く、汚れなどが付きやすい場所は腐食のスピードも早いので、より注意が必要です。
木製切文字:切文字オンライン
  • お問い合わせはこちら

  • 経験豊富なスタッフがご対応させていただきます。お気軽にご相談ください。