アルミ複合板切文字

アルミ複合板で製作する切文字です。
壁面から浮かせ(立ち上げ)かベタ付け(平付け)をお選び頂くことが可能です。 3mm厚のアルミ複合板を2枚重ねた状態(6mm厚)がアルミ複合板切文字の標準ですので、ベタ付けでも立体感が出せます。もちろん、ロゴも製作可能!
軽量な素材なので重量のある切文字看板を使えない場所にも最適です。

Document

アルミ複合板切文字商品詳細

サイズ見本

商品の厚み、文字高、文字数について ご確認ください。
切文字オンライン_アルミ複合版サイズ

取付方法

注意事項

01設置面について
 ベタ付け
切文字オンライン_アルミ複合版取付
アルミ複合板切文字の接着面は平らなため、取り付け場所が凸凹になっていると壁にぴったりと設置できないことがあります。
通常、ベタ付けの場合は接着剤や両面テープで取り付けます。このため、設置面が凸凹になっていると接着面が少なくなり、落下の危険性が高まるため不向きです。
 浮かせづけ
切文字オンライン_アルミ複合版取付
取り付けたい場所が凸凹になっていると、浮かせパイプを使った取り付けができないことがあります。
02文字の太さについて
アルミ複合板切文字は、軽くて長く使えますが、芯材がプラスチック製のため、文字が細いほど曲がったり折れたりする危険性があります。 このため、文字の太さは最低でも10mmは必要です。
また、浮かせ付けに使用する浮かせパイプが直径10mmのため、10mmより細い文字だと表面から浮かせパイプが見えてしまうという点もあります。
03書体形状による製作可否
切文字オンライン_アルミ複合板切文字書体形状
毛筆のような書体で、「はね」や「はらい」のかすれで表現されている部分は製作できないため、塗りつぶすなどしてなくす必要があります。
別途料金で、この修正をご依頼いただくことも可能ですが、対応ができないケースもあります。
04ルーターカットの場合
立体文字の角処理:切文字オンライン
NCルーターを使ってカットする場合、刃の形の影響で、内側が角のとれた丸い仕上がりになります。
木製切文字:切文字オンライン
  • お問い合わせはこちら

  • 経験豊富なスタッフがご対応させていただきます。お気軽にご相談ください。