ギャラリービューアに画像をロードする, 木製切文字
ギャラリービューアに画像をロードする, 木製切文字

木製切文字

木材は同じ材木を使用しても、木目や仕上げ塗りの濃淡が違うだけで異なるイメージを与えてくれます。 どっしりした重厚な味わいや、優しく温みがある仕上がりなど、使用するシーンによって選択肢は広がります。

Document

木製切文字商品詳細

サイズ見本

商品の厚み、文字高、文字数についてはこちらをご確認ください。
切文字オンライン_木製切文字サイズ

取付方法

注意事項

01設置面について
 ベタ付け
切文字オンライン_木製切文字取付
木製切文字の接着面は平らなため、取り場所が凸凹になっていると、 壁にぴったり設置できないことがあります。
また、落下しないように接着剤や両面テープを併用して頂くと安心です。
 浮かせづけ
切文字オンライン_木製切文字取付
取り付け場所が凸凹になっていると、 浮かせパイプを使った取り付けができないことがあります。 浮かせパイプを使わず、寸切りボルトの差し込み加減によって浮かせることもできますが、寸切りボルトが露出した状態になってしまいます。
02文字の太さについて
木製切文字は、文字裏に寸切りボルトを取り付けるため、文字の太さは最低10mm必要です。
「はね」や「はらい」の箇所であれば問題ありませんが、それ以外の箇所がこれより細いと、製作できないことがほとんどです。
この場合は文字サイズを大きくするか、書体の線を太くする必要があります。
03ルーターカットの場合
木製切文字:切文字オンライン
NCルーターを使ってカットする場合は、刃の形の影響で内側が角のとれた丸い仕上がりになります。
04その他の注意事項
・ウォールナット、タモ、ケヤキ以外の材木の場合、切文字加工ができないことがあります。
・クリアコートは、ツヤの有無が選べます。
・R面取り加工はオプション料金となるため、別途お見積りが必要です。
・選択肢にない厚みも作製可能ですが、寸切りボルトなしは3mm~10mm、寸切りボルト出しは5mm~40mmくらいの範囲となります。 ※10mm以上の厚みの場合は、寸切りボルト出しをお勧めします。
・サイズが大きく厚みの薄いものは反りが出やすく、サイズが小さいものでも厚みが薄いと反ってしまうことがあります。
・木材は自然のものなので、同じ材木でも丸太が違う場合には、木目や色味に差が出ることがあります。
・年数が経つにつれ、変色などの劣化が起こりますが、屋外に設置している場合は、設置環境によって劣化がより早まることがあります。
木製切文字:切文字オンライン
  • お問い合わせはこちら

  • 経験豊富なスタッフがご対応させていただきます。お気軽にご相談ください。